リクルート

中途採用職員座談会

入組した時期はそれぞれ異なりますが、転職を検討して「とぴあ」を選んだ4人に、座談会形式で仕事のやりがいや「とぴあ」の魅力を聞いてみました。

<プロフィール>

戸田 紘基   湖西地区 白須賀支店 信用共済渉外係(2009年6月入組)

 前職はハウスメーカーで営業の仕事をしていた。現在は、お客様の資産に関する相談、日常生活の中で発生するさまざまな不安を解消するための提案など、幅広い業務を担当。仕事をする上でのモットーは、お客様第一主義。お客様の気持ちに寄り添った行動を心がけている。

山本 啓貴   西地区 雄踏支店 共済外務係(2015年7月入組)

 前職は高齢者施設で介護の仕事をしていた。現在は、ライフアドバイザーとして、お客様の将来の不安や関心事を一緒に考え、最良の選択ができるようにさまざまな提案をしている。仕事をする上でのモットーは、聞き上手になること。お客様本位の契約ができるよう努めている。

藤井 建志   東南地区 芳川支店 信用渉外係(2019年1月入組)

 前職は、専門商社で営業の仕事をしていた。現在は、貯金や融資など、お客様の大切な資産に関する相談にのったりアドバイスしたりしている。仕事をする上でのモットーは、入念に事前準備をすること。分からないことは事前に確認し、自信をもって訪問できるようにしている。

髙山 卓也   東南地区 中ノ町支店 信用渉外係(2019年1月入組)

 前職は、高齢者施設で介護の仕事をしていた。現在は、お客様のお宅を訪問して夢やニーズを聞き取り、その実現やお金に関する悩みを解決するためのアドバイスをしている。仕事をする上でのモットーは、お客様の話をよく聞くこと。約束の時間は必ず守るようにしている。

Q.転職先を「とぴあ」に決めた理由を教えてください。

【戸田】「とぴあ」はいろいろな事業を展開しているので、生活に関する様々な場面でお客様と関わり、1人ひとりのお客様と深く通じ合えるのではないかと思ったからです。 

【山本】前職が不規則な勤務だったので、土日祝が休みで福利厚生もしっかりしているところに魅力を感じました。異動があっても通える範囲内ということや、JAというネームバリューがあることにも安心感がありましたね。

髙山】私は関東で仕事をしていましたが、転勤が多かったためUターン転職を考えました。地元浜松で地域に貢献できる仕事を探していたら「とぴあ」を見つけて、ここで仕事がしたいと思いました。

【藤井】 私も似ています。地元浜松でたくさんの人と関わり、地域に貢献できる仕事がしたかったので「とぴあ」を選びました。

Q.「とぴあ」で働く前と後で何かギャップはありましたか?

【髙山】「とぴあ」は金融機関でもあるので、硬い雰囲気というイメージを持っていましたが、実際は明るくて親しみやすい雰囲気だったので安心しました。

【山本】 専門知識を必要とする仕事なので、思っていたよりも研修に参加したり資格取得のための勉強をしたりする機会が多かったですね。

Q.「とぴあ」のどんなところが好きですか?

【戸田】管内の至るところに強い信頼関係で結ばれているお客様が大勢いるところですね。

藤井】研修制度がしっかりしているところと、他部署の職員と交流する機会があるところが特にいいと思っています。

Q.仕事をしていて大変だったことと、それを乗り越えた原動力は何でしたか?

【山本】営業担当に達成目標があるのは当たり前ですが、簡単ではありません。お客様から、「ありがとう」「この契約をして本当に良かった」という言葉を直接かけていただくことが何よりうれしく、原動力になっています。

髙山】私はお客様に提案したい内容がうまく伝わらず、思ったような結果を出せないときが大変でした。それを乗り越えた原動力は同僚の存在です。相談しているうちに自分の考えがまとまり、上司や先輩に具体的な質問をして的確なアドバイスを受け、良い結果を出すことにつながりました。

Q.「とぴあ」に入って自分が成長したと感じることはありますか?

【戸田】私のことを信頼し、長年に渡って頼ってくださるお客様ができたことです。

【山本】最初はお客様のために仕事をしていると思っていましたが、仕事をしながら税金や社会保障制度などを学ぶことができて、今では自分のためにもなっていると感じるようになりました。

【藤井】お客様からご指名で相談や依頼を受けるようになったことと、資格取得や商品知識を得るために、自ら進んで勉強するようになったことです。

Q.最後に、同僚とのオフタイムでの関わりや休日の過ごし方を教えてください。

【戸田】同僚と遊びに行く機会は少ないですが、職員旅行や忘年会などのお酒の席で交流しています。休日は、家族と過ごす時間を大切にしています。家ではお掃除担当なので、常に家を掃除しています。

髙山】サッカークラブに入って、職員同士でサッカーやフットサルを楽しんでいます。中途採用ですが、年の近い職員が食事や旅行などに誘ってくれるので、アフター5や休日も楽しく過ごしています。

藤井】同僚とは、フットサルをしたりラーメンを食べに行ったり、勤務時間外にもよく会っています。土日はしっかり休めるので、旅行をしたり、愛車を洗車したりして過ごしています。

【山本】私は勤務時間外でも職場の先輩や仲間と会って話すことが多いですね。「とぴあ」は、すべきことをきちんとこなしていれば有休が取りやすく、平日にも休めるのは魅力的です。休日にリフレッシュすることが、仕事のやる気にもつながっています。

みなさん、ありがとうございました。