とぴあニュース

2019.06.03

ファーマーズマーケット三方原店が14周年

 ファーマーズマーケット三方原店は5月25日と26日、開店14周年記念感謝祭を開きました。
 同店は、管内4店舗あるファーマーズマーケットの中で最大規模の店舗で、2005年5月21日にオープン。今年度14周年を迎えたことを祝い、出荷会員、従業員らが日頃の感謝の気持ちを込めてさまざまなイベントを行いました。
 会場は、開店前から行列ができる盛況ぶりで、家族連れなどの多くの客が来店。特設会場では、旬の時期を迎えた「三方原馬鈴薯」の試食と販売コーナーをはじめ、同JA馬鈴薯部会青年部が開発したコロッケのコーナーなどが人気。「バレイショは、ホクホクとした食感で、とてもおいしい」などと好評を得ていました。
 また、1000円以上の購入で、地元農産物などが当たる大抽選会を実施。子どもから大人まで幅広い世代の来場者が楽しみ、終始賑っていました。
 原田暢久店長は、「14周年記念感謝祭が盛大に開催できてよかった。旬の『三方原馬鈴薯』をPRすることで、消費拡大や地元の生産者への貢献につながるとうれしい。今後も地産地消をすすめるとともに、地域の方々に農業に触れ合っていただくイベントを企画していきたい」と話しました。