とぴあニュース

2021.09.01

とぴあ産果物を使ってフルーツサンド作り

 女性部中央地区支部は8月11日、同JA本店の「とぴあんキッチン」で夏休み親子イベントを開きました。午前、午後の2部制で親子21組42人が参加しました。
 夏休みの親子お楽しみイベントとして企画。今回は、とぴあ産のアールスメロン、ピオーネ、ハウスミカンを使って、フルーツサンドを作りました。
 初めに同JA職員が、使う果物の旬の時期や良品の見分け方、ファーマーズマーケットの紹介などをしました。その後、参加者それぞれでフルーツサンド作りを開始。生クリームを泡立てて作ったホイップクリームを食パンに塗り広げ、半分に切った時の断面を考えながら、食パンの上にフルーツを配置して、もう一枚の食パンで挟んだ後、冷蔵庫で冷やしました。クリームが冷えたら包丁で切って断面を確認し、箱に入れて持ち帰りました。
 友人に誘われて姪の結香ちゃん(11)と参加した鈴木千種さんは「よく姪と料理をするので、今日もとても楽しかった。フルーツサンドの作り方を学べたので、家でも姪と一緒に作りたい」と話しました。結香ちゃんは「フルーツを乗せる位置を考えるのが少し難しかったけど、楽しく作れた」と笑顔で話しました。