JAとぴあ浜松

とぴあニュース

とぴあニュース

2017.06.15

サツマイモ大きくなぁれ

 JAとぴあ浜松北浜支店、同JA女性部は合同で6月13日、浜松市浜北区寺島の畑でサツマイモの苗植え体験を行い、浜松市立北浜南小学校(浜松市浜北区寺島)の2年生の児童と教諭、同JA女性部員・職員ら約100人が参加しました。 […]

2017.06.15

親子がバレイショを収穫し試食楽しむ

 ファーマーズマーケット三方原店、地産地消課、営農販売課、根洗支店は6月10日、合同で1部署1協同活動を展開し、バレイショの収穫体験を実施しました。 当日は親子5組20人が参加。ファーマーズマーケット三方原店出荷者協議会 […]

2017.06.15

若手生産者が遊休農地ゼロ作戦を決行

 JAとぴあ浜松青壮年部は、2014年度から遊休農地ゼロ作戦を展開しています。2015年度からは、復旧させた農地でホウキ草を栽培し、地元企業と協力して江戸時代のホウキを復活させる取り組みも開始。復旧させた農地は、規模拡大 […]

2017.06.15

トウモロコシの出荷スタート

 6月6日、浜北営農緑花木センター(浜松市浜北区)でトウモロコシ出荷目揃い会を開き、生産者、市場関係者、JA担当者ら42人が参加しました。 同JAのトウモロコシは浜北地区で栽培が盛ん。今年度から3人の生産者が増え、現在4 […]

2017.06.15

野菜を提供し加工品づくりに一役

 Aとぴあ浜松は浜松商工会議所と協力し、地場食材を使った新商品開発を推進するため、商品の試作に必要なトマトとセルリーを無料提供しました。 これは「浜松の食材でヒット商品を作ろう!プロジェクト」の一環。試作用に少量の粉末が […]

2017.06.15

トウガンの出荷始まる

 6月6日、浜松市南区の2会場でトウガンの目揃い会を開き、生産者約100人が参加しました。 同JAは、早生と晩生の2種類のトウガンを栽培しています。今年は3月から4月にかけての夜温が低かったため、1週間ほど生育が遅れてい […]

2017.06.15

児童がサツマイモを多角的に学習

 ファーマーズマーケット三方原店は6月2日、浜松市北区の浜松市立都田南小学校で食育講座を開き、6年生80人が参加しました。 同小学校は毎年、全学年が学校内のふれあい農園でサツマイモを育てています。6年生は今年、ファーマー […]

2017.06.15

クウシンサイが出番

 6月2日、浜北集荷場(浜松市浜北区新原)でクウシンサイの目揃い会を行い、生産者、市場関係者、JA担当者ら15人が出席しました。 クウシンサイは、ヒルガオ科サツマイモ属の野菜で、東南アジアが原産。茎が空洞のために中国語で […]

2017.06.15

児童がサツマイモ苗挿し体験

 女性部中央地区支部は5月31日、浜松市東区有玉南町の浜松市立有玉小学校で、サツマイモの苗さしを行い、2年生児童、女性部員、青壮年部員、同JA職員ら約100人が参加しました。 最初に女性部員がサツマイモは土の中で生長する […]

2017.06.15

耕作放棄地6.22haを解消

 JAとぴあ浜松がタマネギの産地振興と後継者育成を目的に2010年に設立した子会社、農地所有適格化法人㈱とぴあふぁー夢は、7年間農業経営を行いながら、担い手に農地を再配分してきました。同社の活動が奏功し、設立前に123h […]

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用