JAとぴあ浜松

とぴあニュース

とぴあニュース

2018.02.15

購買店舗で感謝祭

 とぴあぐり湖西店(購買店舗)は2月10日、感謝祭を開きました。これは組合員だけでなく、広く地域の方にJAを知ってもらうのが目的。この日は、通常営業日の倍にあたる200人以上が訪れました。 とぴあ浜松特産「キャンディキャ […]

2018.02.15

大学生「援農隊」が事例発表

 JAとぴあ浜松管内にある常葉大学は、2016年に常葉大学学生援農隊を立ち上げ活動しています。この活動が西部農業委員会協議会の目に留まり、2月9日に浜松市西区の会場で開かれた研修会で、代表者が活動事例を発表しました。 同 […]

2018.02.15

青壮年部員と常勤役員が意見交換

 JAとぴあ浜松青壮年部は2月8日、浜松市中区の会場で常勤役員と語る会を開きました。これは、常勤役員に青壮年部活動を報告してJA事業に望むこと伝え、自分たちの営農とJA事業を発展させるのが目的。部員、役職員ら42人が参加 […]

2018.02.15

女性部員が常勤役員と意見交換

 JAとぴあ浜松女性部は2月5日、本店で「常勤役員と語る会」を開き、女性部本部委員、連絡会組織代表、同JA常勤役員、職員ら36人が出席しました。 松本育子副部長と加藤弘美副部長が、県内初の試みである託児支援活動「とぴあグ […]

2018.02.01

槙の里利用者が100歳の誕生日迎える

 1月24日、ふれあいセンター槙の里の利用者の1人が100歳の誕生日を迎え、同センターの利用者やスタッフ、JA職員ら33人で祝福しました。 ふれあいセンター槙の里は、自立した元気高齢者が集う施設として、今は利用者である1 […]

2018.02.01

セミナーきっかけに終活を考える

 1月23日と24日の2日間、浜松市浜北区の浜北文化センターと同市南区の可美公園総合センターでエンディングノート「いまから帳」の活用法と相続対策セミナーを開催し、利用客、JA職員ら約270人が参加しました。 「いまから帳 […]

2018.02.01

インターンシップの学生に営農の仕事を紹介

 1月22日、営農分野での仕事を希望する学生7人を対象にインターンシップを開催しました。農学部に所属する学生だけでなく、さまざまな学部で学ぶ学生にJAの営農事業を知ってもらい、就職する際の選択肢の1つとして視野を広げても […]

2018.02.01

優勝チームにビクトリーブーケ贈呈

 JAとぴあ浜松スプレーぎく部会は1月21日、湖西市の湖西運動公園陸上競技場周辺道路で行われた第54回湖西市駅伝大会で、優勝チームにビクトリーブーケを贈呈しました。 これは、地元のスプレー菊を中心としたブーケを贈呈して優 […]

2018.02.01

みかん・ネーブルを皇室に献上

 浜松市北区細江町は、1967年に皇太子殿下が同町を訪れたのを契機に、毎年、温州ミカンと白柳ネーブルを献上しています。49回目となる今年は、温州ミカンの部に19人、白柳ネーブルの部に7人の生産者が出品しました。 形状、肉 […]

2018.02.01

鉢植えセルリーコンクール

 1月19日、浜松市東区の東・中央営農センターで鉢植えセルリーコンクールを開きました。これは、セルリーの栽培技術と品質を向上させ、鉢植えセルリーを販売促進に活用するのが目的。今年は、23人の生産者が出品しました。 生産者 […]

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用