JAとぴあ浜松

おでかけ・イベント

とぴあ百景

百景
馬込川橋梁を走る赤電

地元の人々から赤電の愛称で親しまれている遠州鉄道は、浜松市を南北に走り、1日平均2万人以上が利用する大動脈です。東区小池町・有玉南町と上島を結ぶ馬込川の橋梁は、北側の高架が始まる場所。堤防のすぐ近くを電車が通っているので間近に赤電を見ることができます。近年は、とぴあのラッピング電車や、家康くん、直虎ちゃんが描かれたラッピング電車、NHK直虎ステッカー電車など、さまざまなデザインが施された電車が走るようになり、今まで以上に人々の目を楽しませるようになりました。次はどんな車両が通るだろうとワクワクしながら見ている人も多いことでしょう。
 普段、何気なく見ている電車でも、背景や光の具合でかっこよく見える瞬間があります。夕日を瀬に鉄道橋を走り抜ける電車もその一例。時間帯、季節によって見える景色が刻々と変わるので、赤電がかっこよく見える瞬間ぜひ探してみてください。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用