JAとぴあ浜松

おでかけ・イベント

とぴあ百景

百景

小松楼

新居関所の近くにある、風情溢れる建物「小松楼」。明治から昭和初期まで、この界隈は歓楽街として栄え、最盛期には芸者置屋が11軒、カフェ・バーなどもありました。小松楼は、当時最も栄えた置屋の1つ。建物は明治38年頃のもので、大正初めに、この地へ移されてから、昭和20年代頃まで置屋兼小料理屋として営業していました。 
閉業後、空き屋となった小松楼を平成18年に町の有志が清掃修繕を行ない、平成20年に国の登録有形文化財に、平成22年には湖西市の小松楼まちづくり交流館となりました。現在は無料開放され、お年寄りがお茶を飲んだり、子どもたちが宿題をしたり、誰もが自由に利用しています。
2階には歌の台本や三味線の楽譜、また芸者の写真など貴重な展示がたくさんあり、当時の面影がそのまま残っています。希望すれば詳しいお話を伺うこともでき、交流、学びとできる、貴重な空間となっています。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用