JAとぴあ浜松

おでかけ・イベント

とぴあ百景

百景
気賀港 みをつくし直虎桟橋

旧東海道、浜名湖今切渡しの舞阪宿側にある渡船場跡「北雁木」です。雁木とは階段状になっている船着場のことで、本来は「がんぎ」と読むところを地元では以前から「がんげ」と言っています。舞阪の雁木は、明暦3(1657)年から寛文元(1661)年にかけて構築。その後、江戸時代のころ災害に遭い幾度か修復され、昭和28(1953)年には、台風で石垣の一部が崩れたために積み直しがされています。当時、舞阪宿には3か所の渡船場があり、利用する階層によって分かれていました。一番南にあったところは主に荷物の積み降ろしで使用した南雁木、真ん中は旅人が一番多く利用した主要渡船場で本雁木と呼ばれていたそうです。北雁木は、主に大名や幕府公用役人が利用したところで、幅十間(約18m)の石畳が水際まで敷き詰められています。現在も残されていて見ることができるのは、北雁木のみとなりました。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用