JAとぴあ浜松

おでかけ・イベント

とぴあ百景

百景

鴨江の根上がりマツ

推定樹齢300年とされるクロマツ。高さおよそ13m、幹の周囲およそ3m、根の部分が地表から2m以上も出ていて、根元の斜面の土砂が長い間の風雨で浸食されてできたと言われています。当初2本のクロマツがあり、1959年に2本とも市の天然記念物に指定されましが、2007年の台風により、1本が倒れてしまい、現在は1本のクロマツと切り株が残っています。
古く、この地は鴨江寺の境内でした。鴨江寺の寺域内、33か所を選び石像観音をまつった際、その19番目の観音像が、この根上がり松の近くに安置されたことから「十九番観音根上がり松」と呼ばれ、親しまれていました。浜松の中心に近く風景も美しかったため、多くの人が訪れ、また根上がり松の後ろにある「月見山」と名付けられた小山からは、松にかかる名月をめで、俳句を楽しんだ人も少なくないと言われています。1本は折れてしまいましたが、大きく曲がりくねった根の姿は圧巻。今でも浜松を知る“証人”として、地域の人に愛されています。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用