JAとぴあ浜松

とぴあニュース

女性部員120人が交流

女性部員が交流 JAとぴあ浜松女性部中央地区支部は2月22日、浜松市内のホテルでWAIWAIフェスタを開き、部員120人が参加しました。
 参加者は、「家の光」に掲載された防災ブレスレット作りに挑戦。1本の丈夫なロープに留め具を付けて編み上げていきました。中には、上手く編めずに四苦八苦している人もいましたが、グループで教え合って完成させていました。
 ブレスレットは、災害時にほどいて応急手当や荷物の固定に使ったり、ホイッスルになっている留め具を吹いて助けを呼んだりできる優れもの。参加者は、さっそく腕に着けたり、ホイッスルを吹いたりして実用性を確かめていました。
 昼食は、同JA産の新タマネギ、「とぴあ浜松ポーク」など9種類の地元食材を使った地産地消の料理を堪能。その後、民謡日本一に2度輝いた朝倉さやさんのコンサートを開きました。
 朝倉さんは、「木綿のハンカチーフ」や「涙そうそう」などの有名曲を山形弁バージョンで披露。参加者は手拍子や手振りで参加し、朝倉さんのパワフルなステージを楽しみました。
 加藤弘美地区支部長は「WAIWAIフェスタは、部員みんなが同じものを同じように楽しみ、一体感があった。今後も、内容を工夫して続けていきたい」と話しました。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用