JAとぴあ浜松

とぴあニュース

「農の友の会」会員が主役

「農の友の会」会員が主役 1月28日、浜北営農緑花木センターで「農の友の会」栽培講習会を開き、会員45人が参加しました。
 JA専門指導員が、これから植え付けが始まる夏野菜の栽培方法を講義。夏野菜は高温を好むが、植え付け時期は寒いので、保温や風よけなど、基本的な管理を怠らないようにすることが大事と話しました。
 「農の友の会」は、会員の自主的な組織に成長させるため、毎回、会員も講師となって自身の野菜作りを紹介しています。
 この日は吉田美智子さんが講師に挑戦し、畑の写真を紹介しながら、育てている野菜、百均の商品を工夫して資材として利用していること、採れた野菜の活用術などを披露。「話すのは緊張したけれど、同じように野菜作りをしている人たちに共感してもらえてうれしかった」と感想を述べました。
 最後に、グループに分かれて意見交換を行いました。会員たちは、今年育てる予定の夏野菜や、去年の成功例と失敗例などを話して盛り上がり、交流を深めました。
 JA担当者は「『農の友の会』には、野菜作りという共通の目的を持つ人たちが集まるので、それぞれの体験談は生かせるところが多い。会員同士が交流を深め、みんなでレベルアップしてほしい」と期待します。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用