JAとぴあ浜松

お知らせ

園児がサツマイモを収穫

中瀬支店1部署1協同活動 中瀬支店は10月17日、浜松市浜北区中瀬の畑でサツマイモの収穫体験を行い、「子育てセンターかきのみ」と、併設する児童発達支援事業所(浜松市浜北区中瀬)の園児・児童と教諭、JA職員ら約150人が参加しました。
 今回の収穫体験は、地域農業振興と管内の子どもたちに食と農の大切さ、野菜を育てる楽しさを伝える1部署1協同活動の一環。中瀬支店とかきのみが合同で企画し、開催しました。
 最初に、ツルを切ってマルチをはがし、JA職員がサツマイモの収穫方法を説明。その後、園児らは指導を受けると、各自慎重な手つきで大きく実ったサツマイモを収穫しました。
 子育てセンターかきのみの内山啓子園長は、「子どもたちにとって、とても貴重な体験となった。地域の方々の協力に感謝している。これからも地域の方々と触れ合って、大きく成長してほしい」と話しました。
 中瀬支店の斉藤尚弘支店長は、「参加者が楽しんでくれてよかった。今後も地域の子どもたちに、食と農業の大切さを理解してもらえる活動を継続していきたい」と話しました。
 今年度は、初めて地元の菓子店、大城製菓と協力し、今回収穫したサツマイモを使って「イモきんとん」を作る予定です。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用