JAとぴあ浜松

農業情報

旬のかんづめ

トウモロコシ

yasai

今月は、料理にもおやつにもぴったりな「トウモロコシ」の魅力をご紹介します

トウモロコシは、とぴあ管内では浜北地区で栽培が盛ん。主に「ゴールドラッシュ」という品種を育てています。
浜北区竜南の佐野吉美さんは、大きくて実が詰まったトウモロコシを育てるため、樹の一番上の実だけを残し、栄養を集中させて育てています。収穫時期を揃え、一番おいしい時期に収穫する栽培努力を続けています。

seisansya

トウモロコシは栄養価が高く、主食がわりにもなる野菜。炭水化物が主成分で、エネルギーの補給源になることが期待されます。他にもビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維、カルシウム、リノール酸など、さまざまな栄養素をバランス良く含んでいます。
食べ頃のトウモロコシを見分けるポイントは、皮の色。皮の緑色が濃いものが食べ頃です。ひげは1本1本が粒と繋がっているため、ひげが多いほど粒がたくさん入っています。実がぎっしりと詰まっていて隙間がなく、粒がふっくらと大きいものが良品です。プチプチとした食感で、甘みが強いトウモロコシは、和・洋・中どの料理にもアレンジしやすいだけでなく、おやつにもぴったり。ぜひ、さまざまな料理やおやつに、トウモロコシを加えてみてください。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用