JAとぴあ浜松

農業情報

旬のかんづめ

プチヴェール
yasai

今月は、かわいくて栄養豊富な「プチヴェールの」の魅力をご紹介します

 フランス語で「小さな緑」という意味を持つプチヴェールは、メキャベツとケールから作られた、静岡生まれの緑黄色野菜。重なった葉が緑のバラのようで、食卓に華やかさを演出します。
 北区三幸町の兼子保峰さんは、プチヴェールを10a栽培しています。おいしさにこだわる兼子さんの栽培の工夫は、カニ殻や魚かすを含む肥料を使いミネラル豊富な土壌を作り、アミノ酸たっぷりのプチヴェールに仕上げること。苦みが出ないよう肥料バランスの調節も欠かせません。兼子さんは「ほんのり甘い素材の味を楽しんでほしい。作物は地球からの贈り物。大切に食べてもらいたい」と笑顔を見せます。
seisansya 見た目がかわいいプチヴェール、しかしかわいいだけではありません。ビタミンCの含有量は野菜や果物の中でもトップクラス。ベータカロテン、鉄分、カルシウムも豊富に含んでいます。しかも、おいしくて料理に使いやすいのもプチヴェールの魅力。11度~13度と高い糖度を誇り、花びらのような葉は、とっても柔らか。クセもないので天ぷらやグラタン、シチューなど、さまざまな料理に活用できます。
 とぴあ管内では、プチヴェールの出荷は3月まで。地球がくれた、かわいくて栄養たっぷりな冬の贈り物、プチヴェールをたくさん食べて、風邪なんて吹き飛ばしてしまいましょう。

  • 支店・ATM・センター 施設情報
  • ファーマーズ マーケット情報
  • JAとぴあ浜松 女性部
  • JAとぴあ浜松 青壮年部
  • リクルート 新卒・中途採用