お話絵本「ボクのおじいちゃんはお百姓さん」(2)

2

でも、ボクとしてはあんまり農業って好きじゃない。だって地味だし、一日中もくもくと働く仕事ってカッコ良いって感じないから。 この前、社会の授業で、地域の人たちの仕事について勉強したんだ。

警察や消防署、物を売ってるお店屋さんや食べ物屋さん、いろいろな仕事があるっていう話の中で、突然先生が「みんなの中で農家の人は?」って聞くから、ボクは知らん顔してたんだ。

でも、友だちの「ゆうた」は「おまえんちのおじいちゃんって、農業やってるじゃないか」って言うから、「ううん、もうやめた」なんてウソまでついちゃった。

→次のページへ