お話絵本「ボクのおじいちゃんはお百姓さん」(1)

1

ボクんちのおじいちゃんはお百姓さんなんだ。お父さんはサラリーマンをやってるけど、おじいちゃんはお父さんやボクが生まれるずっと前から農業をやっているんだって。

5年前におばあちゃんがなくなったんだけど、一人になっても、家の前の畑で毎日、ネギや大根、白菜、ブロッコリーなんかの、いろんな野菜を作ってる んだ。おじいちゃんは本当に働き者で、ボクが学校に行く前から仕事をしているし、学校から帰ってきても、暗くなる時間まで仕事をしている。

→次のページへ